1クラス4名の萌昇ゼミ
最も質問しやすい塾を追求し、岡山県内28教室を展開!

教室別記事



プロフィール

萌昇ゼミ

Author:萌昇ゼミ
 
≪1クラス4名の感動≫



萌昇ゼミWEBサイト
萌昇ゼミHP

本部:086-897-2150

お問い合わせはこちら





カレンダー(月別)

06 ≪│2019/07│≫ 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最新記事



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



カウンター



人気ブログランキング



QRコード

QR



先生!質問!

高校部の北山です。

津山高校の高校生は様々な質問をしてくれます。

質問を解決する難易度と一緒に紹介しようと思います。


解決難易度1

「この問題の解き方が分かりません!教えてください!」

これは自分にとっては簡単です。沢山の解き方を知っているので華麗に解いて終了です。


解決難易度

「問題の意味が分かりません。どういう事ですか?」

これも比較的簡単です。問題の条件を丁寧に一緒に読んで8割は解決します。


解決難易度

「これ(難関大学の2次の問題)の解答を教えてください。解答なくしちゃって・・・。」

難関大学の問題はある程度試行錯誤が必要な物が多いです。何とかして解きます。


解決難易度

「解き方は分かりますが、この解答の必然性が分かりません。」

レベルの高い生徒から来る質問です。

この場合は基本例題の応用だという事が見えてない事が多いです。

基本の問題を一緒に探してあげると納得してくれます。


解決難易度MAX

「何が分からないか分かりません。教えてください。」

何を答えてあげればよいのか分かりません・・・・が気持ちも分かります。

質問してくれる生徒の思考をかなり読んで、

間違った考えや認識を訂正して上げれば大体解決しますが、

いろいろな手段を講じないといけない事もあります。

ここは腕の見せ所だと思って自分は張り切ってしまいます。


さて、今日も高3のS君、M君、Fさんがどんな質問を楽しみだ!
関連記事


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
https://hosho.blog.fc2.com/tb.php/4012-b8788809
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)