1クラス4名の萌昇ゼミ
最も質問しやすい塾を追求し、岡山県内28教室を展開!

教室別記事



プロフィール

萌昇ゼミ

Author:萌昇ゼミ
 
≪1クラス4名の感動≫



萌昇ゼミWEBサイト
萌昇ゼミHP

本部:086-897-2150

お問い合わせはこちら





カレンダー(月別)

04 ≪│2019/05│≫ 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



最新記事



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



カウンター



人気ブログランキング



QRコード

QR



反復と引き出しと魚住 @旭東

旭東教室の青木です。

本日は中3が修学旅行のため保護者面談日です。

次の方を待っている間、先日提出してくれたGWの課題を確認していると、

中2全員ができていない問題がありました。

見えますかね。6⃣の(2)です。

DSC_0026.jpg

一見ややこしいことを言っているようですが、落ち着いて順に整理していきましょう。

緑のマーカー部、点対称ですから、点Cはこの位置です。

DSC_0028.jpg

次に、赤マーカー部は線対称のことですから、点Dはここ。

DSC_0029.jpg

みんな黄色マーカー部がイメージできなかったのかもしれないです。

点Bにコンパスの針をぶっさしてDに芯を合わし、

時計回りに(右回りに)くりっと回転させると点Cと合わさったと。

こんな感じ。

DSC_0030.jpg

あとは下の通り。

DSC_0031.jpg

線対称、点対称、角度の求め方、1つ1つの知識は小学生で習ったもの。

答えを導くには、

文章を理解すること、

それを図式化することが必要です。

できるようになるまで何度もトライしてください。

そうすると、一度解いたことがある問題として引き出しが出来上がります。

そのような引き出しをいくつ持っているかで得点に差ができるのです。

ハイスコアを取る子というのは、頭がいいのではなく、

引き出しを多く持っている印象を強く受けます。

数学の問題は、ひらめきを問うというより引き出しの数を問うている問題が圧倒的に多いはず。

どの引き出しを使うかの瞬時の判断には反復が必要。

だから繰り返し取り組んでくださいね☆

そうですよね?魚住先生。

///////////////////////////////

タイトル、「部屋とYシャツと私」みたいになりましたが。

魚住先生には県北勤務時代、よく数学を教わりました。

私のばかな質問にも、決して見下さず、知識をひけらかさず。

素敵です。

私も授業をするときはそうありたいものですね☆
関連記事


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
https://hosho.blog.fc2.com/tb.php/3871-4ce45594
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)