1クラス4名の萌昇ゼミ
最も質問しやすい塾を追求し、岡山県内28教室を展開!

教室別記事



プロフィール

萌昇ゼミ

Author:萌昇ゼミ
 
≪1クラス4名の感動≫



萌昇ゼミWEBサイト
萌昇ゼミHP

本部:086-897-2150

お問い合わせはこちら





カレンダー(月別)

12 ≪│2020/01│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



最新記事



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



カウンター



人気ブログランキング



QRコード

QR



単数形のthey

先日、人生初の七草がゆを食べたキツナイですこんにちは!


今日はちょっと難しいけど興味深い英語のお話。

単数形のthey、です。


昨年の秋、アメリカの主要辞典「メリアム・ウェブスター辞典」(The Merriam-Webster Dictionary)の「they」の語義に、「単数形のthey」の新たな語義と用法が加えられました。


どういうことかという説明の前に、次の例文を見てください。


Everyone has his own idea.
(人にはみな自分の考えがある。)

この英文には直した方が良い部分があります。どこでしょう?





正解は「his」。

以前は、「人」の総称としてheを使うことはOKとされていましたが、
昨今は男女平等の観点から、he or sheあるいはs/heのように併記するのが当たり前となっています。

ただ、これも面倒だし、いちいち併記しなければならないのでとても不自然。


じゃぁ、ということで生まれたのが「単数形としてのthey」です。

これを使うと、


Everyone has their own idea.

となります。

ただ、「everyone」は単数名刺なので、従来の文法から言えばtheirで受けるのは明らかに間違い。
だから、男女の権利意識が強いアメリカでも今まではあまり浸透してきませんでした。



今回のようなオモシロ記事、毎月発行している萌昇通信でもたびたび紹介しています。
ぜひご覧ください! そして記事はまだ続きます↓





ここ最近になってこの用法が浸透しつつある背景には、

メンドクセ。

という理由以外にも、
「男性でも女性でもないという性自認を持つ個別の人について使われる」場合がある、という側面があります。



さらに、この単数形としてのtheyは、
古くはルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』(1865年)で使われていたり、
シェークスピアやジェーン・オースティンなども使っていることが、上記の辞書では紹介されています。


とはいえ、「文法的には」正しいとは言えない使い方でもあるので、アメリカで反対派がいることも事実ですし、

ましてや日本のテストで「単数形のthey」が正解になるとは思えません。
(「新しい常識」に敏感で、柔軟な先生ならOKをくれるでしょうけどね)



それでも、「you」という単語はそもそも複数形だったものが何世紀もかけて単数形としても定着したという歴史があります。
いずれはyouと同じような扱いに、近い将来なっていくんでしょう。


そもそも言葉なんてものは生き物で、時と共に変化していくもの。

時代とともに言葉は変わる。僕たち人間だって、変わるべきところは変えていかないと、
生き残れませんね。


最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!^皿^b