入試問題はやっぱり難しい!

こんにちは。

和気教室の野波です。


先週から入試対策講座がスタートし、

今週は第2回目の授業です。火曜日開講の教科は数学です。

授業の予習の中で、入試対策の予習が一番苦労し大変です。

内容的にかなりハードな問題も含みますから、そうなるのも仕方ありません。

今日扱う内容の一部を紹介します。

さてみなさんは、どう解き進めていきますか?

難しくてわからない!という方は

和気教室にお越しください!

誰でもわかる、すごい裏技を教えます。

入試対策講座では、これに限らず

いろんな受験テクニックを伝授するので、

気になった方は、ぜひお問い合わせください。

📞:086-250-6209


入試対策問題

入試対策講座スタート!

こんにちは!和気教室の野波です。

11月から中3生対象の入試対策講座がスタートします。

この講座は5教科に対応しており、

各教科ごと全17回の授業を準備しています。

入試に備えるための講座ですので、

普段扱っている問題とは違い、

1つ1つの問題がより複雑化しています。

教科ごと問題に慣れておかないと、

入試問題はなかなか最後まで解き切るのは難しいです。

この講座では、

より早く正確に解くコツや、

入試本番で実力が発揮できる

いろんなテクニックを伝授します。

締切は10/16(土)

各教科定員8名までとなっております。

お早めにお申し込みください!

月を小舟と表現するお洒落さ

和気教室の秋山です。

10月になり今年もあと3か月と考えると早いものですね。
大みそかに嵐のライブを家で見ていたのがつい最近のように思えてしまいます。(結婚おめでとうございます!)

さて、10月といえば2学期中間試験という学生のみなさんにとっては少しため息が出そうな時期になります。
夏休みの勉強習慣がグダグダだった人は、まずは勉強習慣を取り戻すのに時間がかかり授業の内容はサッパリだと思います。
そして、中だるみをしてしまった1,2年生の人にとっても一気に差をつけられてしまう怖い時期。
3年生にとっては入試のために何としてでも点数を取らないといけない大事な時期。

どうしましょうかね。

そんな時は萌昇ゼミ和気教室にご相談を。

和気中学校に通う生徒さんだけでなく、近隣の吉永中学校の生徒さんも大歓迎です。

2学期中間試験で生まれ変わりたいあなたをサポートしますよ。

Creepy Nutsの曲で言いますと、子どもは伸びしろしかありません。
その伸びしろをどこまで伸ばせるか、これは我々の腕の見せどころですね。

萌昇ゼミ和気教室・教室紹介

続きを読む

今年は47×43?

和気教室の秋山です。

急ですが今日は算数のお話
「インド式計算を身につけるとスラスラ計算できる!」であったり
「そろばんをすれば計算が速くなる!」
といった言葉にはなかなか惹かれずむしろ都市伝説とすら思っていました。

これは、フレーズや文言の問題であり、人によって惹きつけられるフレーズは違いますので仕方のないことです。

では秋山はどんなフレーズに惹きつけられるのか。
最近、惹きつけられたのは「東大生が教える2桁の計算も5秒で解けるパターン伝授」
注目点は
①東大生という誰もが知っている大学を使っている
②パターンさえ覚えればという能力が身につくまでのプロセスが短く感じてしまう魅力
とにかくすぐにすぐに身に着けていきたいという長所のような短所のような性格なのですぐにチェックしてしまいました。

実際に習得も早かったです。
例えば25×25=625
35×35=1225
67×63=4221
38×32=1216といった計算パターン


…え?パターンは教えてくれないの?

この続きは秋山ではなく和気教室のスーパー算数(数学)講師の野波先生が教えてくれるので本庄小学校や和気中学校に通う皆さんは1度体験に来てみてください。
楽しく学んで成績アップだ!

萌昇ゼミ和気教室

続きを読む

小学生対象【適性検査クラス】の紹介

こんにちは。

和気の教室で理系講師を担当している野波です。

今日は小学生対象【適性検査クラス】について書こうと思います。

適性検査クラスとは、公立中高一貫校の入試である適性検査に向けて

対策をしていくクラスです。

適性検査は適性検査Ⅰ、適性検査Ⅱに分かれており、

2つは一見、算数と国語で分かれているように思えますが、

実際は、それらが組み合わさった複合的な問題も含まれています。

私は適性検査Ⅰに向けた授業を担当しておりますが、

小学校で習う知識で扱うには、非常に難しい問題が多く存在します。

それを実感してもらうために、この間授業で扱った適性検査Ⅰの問題を紹介します。

【問題】
『ある店では弁当A、弁当Bの2種類を販売しています。
価格は弁当A(店内で食べる)が440円、弁当A(持ち帰り)が432円、
弁当B(店内で食べる)が550円、弁当B(持ち帰り)が540円です。
ある日、弁当Aと弁当Bを合わせて200個用意し、その日のうちに全て売り切れました。
『店内で食べる』として売れた弁当Aと弁当Bの個数は同じで、
それぞれ50個以上70個以下売れました。
『持ち帰り』として売れた弁当Aと弁当Bの個数の比は8対5でした。
さて、この日の弁当Bだけの売り上げの合計金額は何円ですか。』



どうですか?解けましたか??

数学を勉強している中学生でも

頭を悩ませる問題ではないでしょうか。

このレベルの問題を制限時間内に記述式でまとめなければなりません。

高度な思考力判断力が求められます!

中学受験を考えているお子さんをお持ちのご家庭は

ぜひお早めに【適性検査クラス】にお申込みいただき、

しっかりした対策を取ることをおススメします。
教室別記事
プロフィール

萌昇ゼミ

Author:萌昇ゼミ
 
≪1クラス4名の感動≫



萌昇ゼミWEBサイト
萌昇ゼミHP

本部:086-897-2150

お問い合わせはこちら



カレンダー(月別)
07 ≪│2022/08│≫ 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
カウンター
人気ブログランキング
QRコード
QR