英語の勉強

サーバー不具合により邑久教室のブログが止まっているため><
久しぶりにこちらに投稿します、キツナイですこんにちは!


英語の勉強、どうされてますか?

中学校の授業では、文法学習と、それを超える会話の練習がメインなのではないかと思います。
一方、単語はおそらく家庭学習や宿題でやることが多いのではないでしょうか。

高校生は、授業以外で
恐らくどの高校も単語のテキストが指定され、
期間を設けて単語テストをやっていると思います。


中学生は新しい教科書になって単語量がぐんと増えました。

一方で、単語の勉強方法については今までとあまり変わらないのが現状かと思います。


単語暗記、メンドクサイですよね。
でも、実は単語力が一番大切なんです。

その次に文法、特に中学校で習う文法をマスターすること。
これができていない高校生のなんと多いことか><



河合塾の横井直人先生のツイート。
-----
毎週日本でもトップレベルの東大志望の子たちの答案を見ているとしみじみ感じますが、このレベルまで来てもやっぱり大きな差は、『単語帳に余裕で載っているレベルでの単語力の差』です。次点で基礎文法によるミスから生じる差です。

どのレベルまでいっても謙虚に単語と文法をつぶしていこう。

-----

だそうです。トップレベルの、東大志望の子でも、です。



単語力を強化する一方、中学英語をマスターする。
そうすると、高校英語は割とすんなり入ってくるし、より深い理解が得られる。
この二つをやらないから、長文は読めないし作文もできない。
あたりまえのことです。


4技能が大切なことに間違いはありません。
ただ、単語や基礎文法をゴリゴリやることをおろそかにしがちな風潮がありますが
これは大間違いです。

口や手や表情を使って、声に出しながら
単語やフレーズ、文を読む。
読みながら、目と耳と口で覚える。
それと同時に、つまり読みながら
基本単語は書かなきゃ覚えられないし
文法は反復練習が効果的。


基礎を叩き込まないで英語が書ける/話せるようになるわけがないんです。
新入部員と同じです。
伸ばしたいのなら、基礎を徹底的にやらなきゃダメ。

邑久教室■ブログ移転■

こんにちは! 大雨の被害、大丈夫ですか??

この度、邑久教室のブログがこちらに移転しました
ぜひご覧ください!

英語のニガテを挽回するなら今ですよ!

気温はさほど高くないのに湿度が大フィーバー。
こんにちは、邑久教室から汗だくキツナイです。


各中学校で期末試験も終わり、そろそろ答案が返ってくる頃でしょうか。
中1の1学期期末試験、英語の問題を確認してみました。


結論から言いますと、

【とんでもなく難しくなっている】

です。



例年、中1の1学期末から2学期の中間テストくらいまでは、「当然100点取って来いよ」というものでしたが、もうその時代は終わりました。

昨年までは、1学期の終わりあたりに一般動詞に入り、2学期中間テストで疑問文、否定文、名詞の複数形辺りが出る。
そして期末のメインが3単現、という感覚でした。


やはり1学期というのはイベントが多く、しかも入学したての1年生なら
遠足だったり宿泊研修だったりがあって、友達を作ってクラスの結束を高め、
部活決めがあって体育祭があって、
という具合に、
「勉強どころじゃない」
というのが共通認識のようになっていました。
だから学校の授業も進まない進まない。。。

遅いところだと、4月-5月かけてずーっとアルファベットとフォニックス、そして
クラスルームイングリッシュをやって、期末試験ではbe動詞の肯定文がぎりぎり入る
なんていうことも実際にありました。



それが今年の4月から指導要領が変わり、英語の教科書も大きく変わりました
学校での指導も大きく変わっています。

中1のレッスン1から、いきなりbe動詞と一般動詞の両方を使った会話文で始まります。
レッスン2に入ると、今までは2学期の学習内容だった助動詞canがもう入ってきます。
また、今まで通り対話文がほとんどの本文に加え、自分で活用する、表現する取り組みのページが大幅に増えました。

政府主導の「使える英語」教育に大きくシフトしているんですね。
だから、学校の授業では実際に会話、英語で表現する力を養成する時間が増えています。


そうすると、当然のことですが
文法の学習と演習の時間が減るんです。



今の中1は、小学校のうちから教科としての英語を学習してきたはず、の学年です。
だから、基礎的な単語や簡単な文は言えるし書けるはず、なんです。
もちろん、中学校の教科書もそれをベースに作られています。



そんなこんなで、中1の定期テストも当然のごとく難しくなったのです。
いくつかご紹介しますね。



O1.jpg
これは邑久中ですね。単純な正誤判定問題ですが、
文中で「誰が」「何を」言っているか、しっかり理解していないと解けません。





T2.jpg
「スカイタワー」に関する対話文を読んだ上で、条件に従って文章を書く問題。




T1.jpg
(書き込みは講師によるもの)
いわゆる並べ替え問題。主語が複数のものがあり、一般動詞とbe動詞の使い分けがあり、
熟語の知識が必要で、頻度の副詞も正しい位置で使う必要があります。




S2.jpg
canを使った自由作文が3つ。





S1.jpg
これも英作文。How many ---sやWhat ---sを正しく使う必要があります。





K2.jpg
単純な問答文ですが、日本語訳はありません。
疑問文やその応答文を見て、空欄に適する語を補充します。
③④に関しては、疑問文と応答文両方に空欄が。





さて、いかがでしょう? 今までの中1では考えられないような構成のテストのオンパレードです。
みなさんは期末テストで満足のいく点数は取れましたか?

ざっくり言って、70点未満の方は要注意です。

●単語が書けない、覚えられない→致命的です。すぐにでも単語の身に着け方を身につけないと、どんどんしんどくなります。
●be動詞と一般動詞がごっちゃ→これも緊急度が高い点です。ここをクリアしなければ、英語の点数上昇は見込めません。





営業抜きにして本音で言いますね。
英語に関しては、塾に行った方が絶対に良いと思います。

先述した通り、学校では会話、スピーキング重視になり文法演習は提出課題任せになりがちです。
一方で、覚えなければならない単語の数は、昨年までと比較して倍近くにまで増えています。
単語暗記は、家で、一人でやるしかありませんよね。
でも今の中学生は部活や毎日の課題で本当に忙しく、なかなかそこまで手が回りません。

また、これからの英語学習は、目的によって学び方、勉強の仕方を変えるべきだと思っています。
大きく分けて3つ。
 ・単語
 ・文法
 ・リスニング
です。

そして、それぞれをなるべく楽に効率的に、なるべく楽しく、負担感を感じないようにするべき。
キツナイはそう考えています。

これを、中学生のうちから自力でやるのは酷というものです。
しかも我々世代(橘内は1976年度生まれです)が習ってきた英語とはもう全く違います。


カタカナ英語全開の先生のもと、机に向かって下を向いてゴリゴリゴリゴリ、修行のように延々と、手が痛くなるまでひたすら書く
そんな英語の勉強はもうやめにしましょう!


ほぉ、そんなに言うならお手並み拝見、という方。
英語の勉強法で学ぶ、萌昇ゼミ邑久教室のキツナイまでどうぞ!

おためし授業は無料で受けていただけますよ。

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

期末テストがやってくる…!

あちぃですね。。。この、湿度と温度のダブルパンチが一番きつい。。。
温度よりも湿気に弱い、邑久教室のキツナイです。

さて、先ほどLINEやTwitterでもお知らせがあった通り、夏期講習のご案内が今日から始まります。
でもその前に、中高生は期末テストですよね。


特に中学生は、新しい教科書になって初めてのテストという人が多いと思います。
当事者の皆さんはおわかりの通り、英語がとんでもないことになっています。

萌昇ゼミでは以前からお知らせしている通りですが、まぁ大変です、本当に。

中1は一番最初のレッスン1から、いきなりbe動詞と一般動詞の両方が出てきていますし
(あ、New Crownの話です)
覚える単語の数は爆増しているし
今まで以上に会話重視、表現力重視の授業になっているので
その分文法学習に充てる時間が削られてるし。

つまり、内容が激しく難しくなったのに、それを学習する時間は減っている、という事実。


そこへきてのスピーキング重視の流れ。
なんと、東京都では来年度から全中3生がスピーキングのテストを義務付けられる予定なんです。

スピーキング自体を否定しているわけではありません。
(教科書がスピーキングと文法どっちつかずになっている感は否めませんが)

この急な変化に、ついていけなくなる生徒が増え、英語の成績は今まで以上に二極化することが予想されます。
というよりも、それがもうすでに始まっているんです。


ではどうすればいいか?
私の個人的な意見としては、
・まず学校の授業は完璧にちゃんと受ける。
 今のところ岡山ではスピーキングの善し悪しが成績に大きく影響することはありませんが、
 それでも内申書という厄介なものがありますからね。。

・その上で、文法の学習は自宅や塾でみっちりやる。

・特に、単語を覚える時間は家や塾の自習などでたっっっっっっぷりとる。
 だまってゴリゴリ書くのではなく、とにかく見ながら読みまくる。そして書く。


2点目は営業的に聞こえるかもしれませんが、これはもう今まで以上に必要ですね。
なんせ、内容が難しいですから。

中3なんかは、中2までに習わなかった現在完了が、新しい教科書では学習済み扱いになっています。
その分、高校生の内容だった仮定法や完了進行形が入ってきます。

当然、学校では現在完了も教わりますが、上記の新しい単元も当然学習するわけですから、
その分時間の面できつくなるわけですよね。

で、前述の通りスピーキング重視の追い打ちです。


だから、今まで以上に「自主的な」勉強時間をどれだけとれるかが重要になるのです。


上記がすべてちゃんと自分でできて、成績も十分に結果が出ているのであれば、正直なところ塾はいらないかもしれません。
だけどそれがなかなかできない人が多いから、我々の出番なんですね。

まぁそもそも習い事ってそういうものですよね。
ピアノだってサッカーだって陸上だって、独学でチャンピオンになれるのであればスクールなんて行かなくて良いわけですから。

だけど、それではなかなか効率も良くないし、伸びるスピードも違う。
中には自分を律することができなくてついダラダラしちゃう。
だからコーチが必要なんです。


随分長くなったのでそろそろ締めようと思いますが、何が言いたいかというと、
●とにかく今回の期末テストは心してかかれよ
ということと、そして
●いま小学生の皆さんはほんっとうに学校の英語をちゃんと、しっかりばっちりやっておいてね
ということです。


そう、英語に関しては
小5からすでに高校入試は始まっている、といっても良いのかもしれません。

邑久教室をよろしくお願いします!

こんにちは。邑久教室から山本です。

最近は毎日暑い日が続いていますね。
お互いに体調管理には気を付けていきましょう。

新学期が始まったと思ったらもう4月が終わりますね。
萌昇ゼミ邑久教室も開校して早や1か月が経ちましたが、まだまだ知名度が低いので講師みんなで協力して校門配布やポスティングなどを行っています。
本日は教室長の橘内先生が用意してくれた自転車に乗りポスティングに行って参りました。
久しぶりに自転車に乗ったので新鮮な気分になりました。天気も良かったので気持ち良かったぁ。
この自転車を見かけたら萌昇ゼミだと思ってくださいね。

image0_20210427170205a7c.jpeg

さて、学校の授業も本格的に始まりペースも上がってきているのではないでしょうか。
新しい学習内容で、そろそろ曖昧な部分や疑問点が出てきてはいないでしょうか?
もしそうであれば早急に解決しましょう!
勉強が分からなくなる前にぜひ無料体験授業に一度お越しください。
萌昇ゼミでは1クラス4名での指導なので、理解できるまで丁寧に指導します。
新しい教室で新たな生徒と出会えることを楽しみにしています。
教室別記事
プロフィール

萌昇ゼミ

Author:萌昇ゼミ
 
≪1クラス4名の感動≫



萌昇ゼミWEBサイト
萌昇ゼミHP

本部:086-897-2150

お問い合わせはこちら



カレンダー(月別)
07 ≪│2022/08│≫ 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
カウンター
人気ブログランキング
QRコード
QR