1クラス4名の萌昇ゼミ
最も質問しやすい塾を追求し、岡山県内28教室を展開!

教室別記事



プロフィール

萌昇ゼミ

Author:萌昇ゼミ
 
≪1クラス4名の感動≫



萌昇ゼミWEBサイト
萌昇ゼミHP

本部:086-897-2150

お問い合わせはこちら





カレンダー(月別)

06 ≪│2020/07│≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



最新記事



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



カウンター



人気ブログランキング



QRコード

QR



入試対策講座 理科編

こんにちは。備前教室の羽崎です。

前回に引き続き、入試対策講座についてお話しします。

みなさんは理科は暗記科目だと思っていませんか?
もちろん暗記が必要なことは事実ですが、
暗記だけでは入試には十分に対応することができません。

2019年度の一般入試の理科の平均点は53.1点でした。
これは国語や数学の平均点よりも低く、過去5年間でも2番目に低い点です。

その要因は教科書の重要語句以外の出題があったことと
思考力、判断力、表現力を問う問題の正答率が低かったことが挙げられます。

そもそも、科目横断型の問題や社会生活を題材とした問題を出題しやすい科目のため
表層的な知識だけでは十分とは言えません。
なぜ、そうなるかという理由がわかることが重要です。

そこで萌昇ゼミの入試対策講座では
基礎から実践問題までを丁寧に解説をしていくことでしっかりとした理解を促します。
理科が苦手な人・覚え方が分からない人はもちろん、
さらに理科の点数を伸ばしたい人にもおすすめです。
ぜひ受講して、高得点を目指して頑張っていきましょう。




入試対策講座 数学編

こんにちは。
備前教室の羽崎です。

本日は10/31からスタートする入試対策講座(数学)についてお話します。

岡山県の県立高校入試の理系科目は
『日常生活に関連した事象を題材とした長い文章の問題』が特徴です。
もちろん国語のような読解能力が必要なわけではありませんが
問題文から必要な条件を読み取れなくてはなりません。
これは単純に問題演習を繰り返しているだけでは身につけることが難しいものです。

そのため、萌昇ゼミの入試対策講座では
岡山県の入試問題形式に合致した問題を扱い、問題の解法だけではなく
条件の読み取り方も練習していきます。
もちろん扱う単元は出題頻度の高い内容ばかりです。

数学は5教科の中でも差がつきやすい科目です。
入試対策講座で確実に得点できる力をつけていきましょう。




曜日の確認の仕方

今日、ある女の子の、髪型による曜日確認法を教えてもらいました。

IMG_1324.jpeg
IMG_1325.jpeg
IMG_1326.jpeg

このように曜日で髪型を分けているそうです。

そして、いざ今日の曜日が分からなくなった時、

どのように確認するかというと・・・

IMG_1327.jpeg
IMG_1328.jpeg
IMG_1329.jpeg

髪型って、その日の気分や校則で決まるものとばかり思っていました・・・。

曜日感覚が危うい方にオススメですね!

1クラス4名の〝こだわり夏期講習”~中学生理科編vol.2~

こんにちは。
備前教室の羽崎です。

突然ですが、問題です。
次の それぞれの反応について、化学反応式を完成させてください。

①酸化銀を加熱したときの反応
2Ag2O → (4Ag + O2 )

②炭酸水素ナトリウムを加熱したときの反応
2NaHCO3 → Na2CO3 + ( H2O + CO2 )

③銅が酸化されたときの反応
( 2Cu + O2 ) → 2CuO

みなさんは全問正解できたでしょうか?
これらは3つとも県立入試で出題された問題です。

県立入試では毎年1問は化学反応式が出題されています。
今のところは教科書に載っている基礎の化学反応式しか出題されていないため
丸暗記でもなんとかなるかもしれませんが、
化学式を覚え、係数の合わせ方を身に付ければ、化学反応式を覚えていなくても
その場でつくることができますし、教科書に載っていないような化学反応式が出題されても
対応することができます。

苦手な人が多い分野ですが、しっかりと対策すれば身に付きやすい分野でもあります。
夏期講習では係数の合わせ方を中心に練習していきます。


上の問題の答え
① 4Ag + O2
② H2O + CO2
③ 2Cu + O2



1クラス4名の〝こだわり夏期講習”~中学理科編vol.1~

こんにちは。羽崎です。

本日から東備地区の講師が日替わりで夏期講習のカリキュラムについて語っていきます。
記念すべき第1回目は羽崎が“中3理科”の内容をお話しします。

中3の理科は合宿理科個別の2本柱です。

合宿では、4日間で中1・中2の内容の総復習を行います。
「とにかく理科の点数を上げたい」
「何を勉強すればいいかわからない」
「夏の間に基礎の確認を行いたい」
そんなみなさんにピッタリです!
もちろん、ただ勉強するだけでなく初日と最終日に確認テストを行うため
自分の苦手な部分勉強の成果をしっかりと把握することができます。


理科個別では化学変化や電流など苦手な単元をピンポイントに復習することができます。
「用語は覚えているけど計算が苦手」
「特定の単元だけができない」
そんなみなさんにピッタリです!

もともと夏休みのような長期の休みは成果を自分で確認しやすい理科・社会などの暗記科目に向いています。
この機会に理科を得意科目にしましょう!


明日は、山本信行先生が数学について語ってくださいます。お楽しみに。