1クラス4名の萌昇ゼミ
最も質問しやすい塾を追求し、岡山県内28教室を展開!

教室別記事



プロフィール

萌昇ゼミ

Author:萌昇ゼミ
 
≪1クラス4名の感動≫



萌昇ゼミWEBサイト
萌昇ゼミHP

本部:086-897-2150

お問い合わせはこちら





カレンダー(月別)

04 ≪│2019/05│≫ 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



最新記事



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



カウンター



人気ブログランキング



QRコード

QR



英検3級攻略【笠岡東教室】

指が太いからか、
はたまた不器用だからか、スマホ操作で、意図している箇所の隣をよく押してしまう、
笠岡東教室の宮原です

ガラケーの操作の方が得意な気がします( ̄^ ̄)ゞ




__________

中間テスト、チャレンジ模試そして……


またまた、英検一次試験の時期が近づいてまいりましたね。


対策はできているでしょうか?

英検3級の合格基準は概ね得点率60%となっています。

しかし、

CSEスコアと素点の兼ね合いで(詳細は割愛します)、

正解率が

リーディング60%
リスニング60%
ライティング60%
合計180%/300%中
(※便宜上足し算します)

の場合、合格するとしても、


リーディング100%
リスニング100%
ライティング0%
合計200%/300%中

では確実に不合格です。


パーセンテージの観点では合格しそうなのに、不思議ですね

また、

リーディング35%
リスニング35%
ライティング100%
合計170%/300%中

だと、合格します。


パーセンテージの観点では不合格でもおかしくなさそうなのに、不思議ですね(リフレイン)


さらに、ライティングは高得点を取りやすいです。

要は、ライティング対策を十分していると、極めて有利になるということです。


では、どんな対策をすれば良いでしょうか。


簡単です。


教室でお教えします(´∀`σ)σ


GWから中間テストまでの期間は割と短い【笠岡東教室】

金曜ロードSHOW!を観る機会が最近増えている笠岡東教室の宮原です

名探偵コナン ゼロの執行人

観ました。

同シリーズ最高興収の作品だそうですね

副音声がさりげに豪華だったと後で知りました。

そこまではチェックできなかったことが悔まれます





__________

新学年、慣れてきましたか?(・Д・)ノ

まだ始まって3週間足らず。

あっという間に感じた人も多いかもしれません。

ここから、ゴールデンウィークを挟み、

学年によっては、修学旅行、宿泊研修、日帰り研修があり、

気付くと中間テスト


ゴールデンウィークが明けて3週間ほどでテストなので、

ちょうどゴールデンウィークがタイミング的に折り返し地点となります。

新学年の雰囲気や行事を楽しみつつも、気を引き締めていきましょう。


中間テスト対策授業などの入った時間割を作成中です((⊂(^ω^)⊃))






チャレンジ模試【笠岡東教室】

ふと、無性にすし太郎を食べたくなって、衝動買いした笠岡東教室の宮原です(*´ω`)┛

すし太郎自体を使って食べたのは何年ぶりでしょうかね…。20年ぶりくらいでしょうか…。

私にとっては、お馴染みだったものですが、

同い年の友人で、すし太郎を知らない人がいたので驚きですΣ(ω |||)


炊飯器も処分してしまったので、

電子レンジで調理できる、パックのごはんを150gの分を2つ、200gの分を1つ、

合計500gで、すし太郎1回分を作るという計算をしました笑





__________

本日小学生から中学3年生まで、「チャレンジ模試」を実施しています

定期的に模試を行って学習内容の定着を図るとともに、偏差値や志望校判定で客観的に学力を把握することができます。

出題範囲が限定的な、学校の定期テストと比べ、点数を取りにくくなっています。

定期テストより、入試に近いイメージです

ハロウィンパーティー@笠岡東教室

こんにちは。笠岡東教室の佐藤です。

明日、10月20日(土)(10:30~11:50)に小学生の塾生を対象にしたイベントを行います。

イベント名はハロウィンパーティーです。

イベント内容
・ハロウィンに関する「おばけ」や「かぼちゃ」を折り紙で作ろう。
・なぞなぞクイズで盛り上がろう。
・一緒にお菓子を食べよう。

ほんの小さなイベントですが、楽しい時間をみんなと過ごせたらいいなと思います。

ところで、

このイベントの準備をしていて気づいたこと

何気ないことから学びがあるなと思った話です。

生徒たちに教えるために、折り紙の練習をしていました。
すると、形が変だったり、手順を忘れてしまったり、とうまくできない時がありました。
そんな時は、一度折ったところを広げてみて、「どこがだめだったんだろ?」と考え、お手本を確認し、また折り直しました。
そうすると、うまくでき納得したものが作れたんです。

これは勉強でも同じことが言えるのではないかと気づきました。

分からない問題に直面したとき、頑張っているのになかなか成果が得られないとき、があると思います。
そんなときに、「自分はできないんだ」と自分を責める前に、「なぜうまくいかないんだろう?」「どこが自分はわかっていないのだろうう?」と理由を考えてみてください。一度折った折り紙を広げるように。
そうすれば、理由が分かり、次の行動に移せるのではないでしょうか。

最後に
『理由を考えてみてください』と言いつつ、生徒がそれをすべて自分でできたら、すごい事です!
解決方法が分からなかったり、本当にこのやり方で正しいのか疑問にもったりしたときは相談をしてください。
私も生徒の声により耳を傾け、生徒の行動により目を光らせ、成績アップへ導きます。
そのようなことを折り紙を通して再認識することができました。



ハロウィン折り紙




新しい挑戦

こんにちは。笠岡東教室の佐藤です。

私は最近、新しいことを始めました。
それは、「ヨガ」です。

昔から体が硬いことがコンプレックスでした。
そして大人になればなるほど、もっともらしい言い訳を言いながら、自分から逃げてきました。

「柔軟は小さいからしていないと、無理だ」など。


私が通う教室の先生は、ポジティブな言葉を与えてくれます。

「できないことを考えて落ち込むのではなく、今日少しでもできたことを考えましょう。」

「少しずつできたことを積み重ねれば、なりたい自分に変わることができます。」

「できないのは、やってきていなかっただけ。やれば、できるようになります。信じましょう。」


すごくパワーを頂きました。

私がヨガで学んだことやできるようになったことを授業で生徒に伝えたいと思います。